ミントC!Jメールの体験談(依存系女子編A)

ミントC!Jメール体験談A「依存系女子編(後半)」

サイト名:ミントC!Jメール
サイト評価:
体験談時期:2011年8月〜9月

 


この後、電話したいとのお言葉を頂いたんですが、

持ち帰りの仕事(書類の作成)をやってて、電話どころの騒ぎじゃなかったんです。

でも書類の作成は仕事。

みなさまご存知のとおり、昼間のサラリーマンなんて仮の姿じゃないですか?

むしろ本業は体験族みたいなところあるじゃないですか?

だから番号聞きましたよ。

トゥルルル……
【依存女】
はい。
【体験族】
ども〜はじめま・・
【依存女】
今ね〜友達とご飯食べてるの〜あ、友達トイレいっちゃった〜
【体験族】
あ、そうなんだ。友達いるなら電話あとに・・・
【依存女】
これからお家帰るの面倒だな〜しかも友達送らなきゃだし〜
【体験族】
・・・。
【依存女】
え?なに?無視?
【体験族】
あ、あ〜ごめん。
まだ続きあるのかと思って。
【依存女】
どゆこと?無口な人なの?
ここでカチンきましたね。
人の話スッパン、スッパン切っておいて、あげく無口なの?と来ましたよ。

とっとと話を進めようと思い、
【体験族】
てかいつ遊ぶ?
【依存女】
明日仕事終わりならOKだよ〜
【体験族】
じゃあ明日遊ぼうよ♪
【依存女】
いいよ( ̄∀ ̄)
【体験族】
じゃあ終わったら電話ちょうだいよ!
【依存女】
了解〜☆
あ、友達戻ってきた!じゃあね〜
【体験族】
そっか、明日楽しみにして・・・
ブチッ・・・ツーツーッ
【体験族】
・・・。
こうして依存女と遊ぶことになった。
ちなみに写メはこれです↓


〜当日〜

前日が夜遅くまで同僚と飲んでいたこともあり、

16時起床という圧倒的モチベーションの高さ。

「ふぅ、さわやかな夕日だぜ!」と窓を開けると・・・曇り。

そんな事は気にもとめず豪快にシャワー!

鏡の前に立つと若干むくんでいる顔・・・

「まぁ今日会うのはアイツだからな〜別にいっか♪」

そう思うと次々に面倒になるのが人間のさが。

「WAXとかダリー」

「サンダルでいいや」

まぁラフな格好になってしまったんです。近いのはこんな感じかな↓


嘘です。

実際はこんな感じだったかもしれません↓


「私酒飲まないから車出すよ!」とのこともあり、

依存女が21時に家の近くのYAMADA電気に迎えに来ると言っていたんですが、

22時にメールで

『今仕事終わった〜』とかホザいてきたわけです。

「仕事なのはわかる。けど・・・常識として謝れや!」とは送れずに、

「了解!早く来てね〜」で精一杯の抵抗メールを送信する体験族。

すると、

『一旦家帰ってご飯食べるから、着いたら連絡するね』

・・・

もはや圧勝ですよ。彼女の。

辞書で【無敵】って言葉引いてみてください。
【意味】
21時に待ち合わせなのに、1時間後にメールしてきて、これから居酒屋行くのに、一旦家に帰り飯を食らう女。

23時30分にようやく『着きます〜』とメール。

YAMADA電気に行くと車は一台もない…あれ?と思い電話すると、

『YAMADA電気入りずらいからファミレスいるよ〜』

何故か500メートルくらい離れたファミレスまで歩かされました。

車を発見し、コンコン!
【体験族】
毎度!乗っていい?
【依存女】
いいけど、この車土禁だから!
靴はこの箱に入れて。
【体験族】
あ、うん。。。
こんだけ遅刻しておいて謝りもせず、土禁だ?靴脱げ?

アメリカ人はリビングでも靴じゃボケ!もう無理!

イライラしてたこともあり思わず言ってしまったんです。
【体験族】
うわ〜土禁初めて見たww
俺、不動産業なんだけど、最近は土禁車は不可って駐車場多いの知ってる?
理由はだいたいヤンキーだから!
他の利用者とトラブルとか起こす可能性が高いからだよ!ww
もしかして元ヤン?www
【依存女】
ちがうけど。
明らかに空気が悪くなりました。
でも心はスッキリ♪

降りろって言われたら降りてやるつもりでしたし。
それから5分くらい無言。

体験族は明らかに機嫌悪そうにしてたんですが、突然相手が話し始めました。
【依存女】
仕事が遅くなちゃって遅れちゃった…
どうやら少しは申し訳ないと思ってるようなので、
【体験族】
まぁ仕事だしね♪ドコいこっか?
とコチラも切り替えました。

10分くらい走って、駅前に到着。
サラッと店を選んで、乾杯しました。

最初こそ会話は盛り上がったものの、
真正面で見ると写メの1.5倍くらい横に引き伸ばした感じだったので、もうやる気が極端に低下…。

それでも頑張って会話を頑張る。

例えば、
【体験族】
彼氏どれくらいいないの?
【依存女】
うーん、どうだろ?どれくらいだと思う?
【体験族】
さぁ。
突然クイズ形式にされたのでスルーしました。
さらに会話を頑張る。
【体験族】
どんなタイプが好きなの?
【依存女】
山ピーかな〜でも山ピーは相手にしてくれないかな?
山ピーが相手にしてくれなかったら溝端淳平かな♪
【体験族】
溝端淳平も相手にしてくれないから安心しろ。笑
【依存女】
ヒドッ!夢見るくらいいいじゃん!
普通に怒られました。本気だったようです。

そして、土禁女は怒りながらトイレにいきました。

もう、この時点で激しい疲労感に襲われていました。。。

このク○女には限界でした。

その時、僕の頭の中にすむ悪魔が囁きました。
心の中の悪魔
帰っちゃえば?!」
【体験族】
えぇ!?
悪魔さん、相変わらずパネェ事言いますね!?(汗)
心の中の悪魔
「だってさ、だるくね?タイプでも無いし。」
体験族(脳内)
確かにタイプでは無いどころか、ぽっちゃりでも無い只のデ○…。
い、いや!!それでも相手は年下の女の子ですぜっ!!
心の中の悪魔
そもそもお前がこの女と会おうと思った目的はただ一つ、
「ヤル事」だったはずだ。しかし、お前この頭のおかしい、
デ○女とヤル気まだあんの?冷静になれよ。
体験族(脳内)
た…たしかに…。
もうヤルどころか1秒でも一緒にいたくない…。
なんて冷静で冷酷なんだ。。さすが悪魔さん。
心が氷でできていらっしゃる…。
し、しかし!そんな冷酷な判断を下すことは・・・・!!!
て、天使さん!天使さんからも助言を下さい!!






心の中の天使
「こないだ借りてたDVD。返却日明日までだよ。」









1000円札を1枚テーブルに置き、

携帯の電源を切り、

TAXIを拾い帰宅MAX!!

この流れる様な身のこなし。

外人が見ていたら、

「NINJA!NINJA!コンバンワ!!」

と喜んでいたに違いないほどの速さでした。

ちなみに相手の子がトイレに行ってから店を飛び出すまで、
かかった時間約30秒。

重要な判断には常にスピードが求められるのです。

その後、自宅に帰って一人でゆっくりとビールを飲みながらDVD鑑賞しました。




はい。
と、いうわけで、

非常に中途半端な結末になってしまい申し訳ございません。

その後、相手の女の子から、

「最悪」

「死ね」

といった内容のメールが来た事はいうまでもありませんね。

まぁすぐに受信拒否にしたので、今では問題も無くなり、
違う女の子とメールをしています(笑)

今回の体験族の冷静な行いに関して、様々な意見が寄せられるのはでは?と思い、この体験談を書くか否か迷いました。

ただ、

今回の体験談を通じて、読者の皆さんに伝えたい事が2つあったので、重いこの筆を滑らしました。

1つ目は、

"出会い系サイトではこういった女に出くわす事もある"

という事です。

常にタイプの女性とばかり出会えれば最高ですが、

数々の出会いを経験してきた体験族でも、

こういった女に出くわしてしまう事が今でもあるんです。
(メールの時点で何となく分かってたけどw)

スケベ心を丸出しにして痛い目にあったという事ですね。

そして2つ目。














"女性には優しくね。"













という事です。

体験族みたいな外道行為に走らない様に注意して下さい(笑)


完。

ミントC!Jメールはこちら
動画・写メ対応!新感覚出会いコミュニティ『ミントC!Jメール』


トップページ ポイント制出会い系サイト 無料出会い系サイト 定額制出会い系サイト 出会い系サイトの体験談一覧